グローバルママ研究所

2017.02.01


【セカママ通信 vol.68:ミャンマー×バレンタイン!花束と組み合わせると喜ばれるある贈り物とは?】

「好きです!」


子育てして早〇年。縁遠い行事になっているバレンタイン。
でも、片思いしている本命がいる”恋する女性”にとって、
バレンタインデーは1年に一度の勝負のイベントともいえます。


バレンタインデーというと、日本では女性から男性へ
チョコレートを贈ることが一般的です。
最近では、友チョコや自分へのご褒美チョコレートなどで
よりにぎわっているようですね。


一方、海外では特に性別の決まりはなく、好きな人に
思いを告白する日とされていることが多いようです。


今回は、民主化が進むミャンマーからのレポート。
ミャンマーではバレンタインデーにあるモノを
贈るととても喜ばれるのだとか。
それはミャンマーでは定番中の定番のモノだそうです。



注目ポイントはこの2つ。


・ミャンマー人が愛してやまないぬいぐるみを活用
・花束×定番「ぬいぐるみ」で悩める消費者の心をキャッチ


ミャンマー×バレンタイン!花束と組み合わせると喜ばれるある贈り物とは?

「ママ、これ買って!」


子どもたちが大好きでおねだりする
おもちゃの定番といえばぬいぐるみである。


一般的にはぬいぐるみというと子どもっぽい
イメージがあるが、ここ、ミャンマーでは大人にも人気がある。
そして、今やある行事の定番の贈り物となりつつある。


それは、バレンタインデーだ。


民主化が進み、以前は国民にあまりなじみがなかった
クリスマスやハロウィンも近年ではイベントとして
浸透しつつある。なかでも、バレンタインデーは
つい最近、ミャンマーに浸透しはじめた行事のひとつ。


日本では「恋人にチョコレートをあげる」というのが定番だが、
ところ変われば、贈り物は変わるもの。
老若男女問わずミャンマー人が大好きな贈り物の定番
「ぬいぐるみ」を活用することが、なぜ現地でヒットするのか、
紐解いてみたい。

■商品・サービス概要
〇ミャンマーで盛り上がりつつあるバレンタインデー
ミャンマーでは、ここ数年でバレンタインデーが
年間行事として定着しつつある。


2月に入り、バレンタインデーが近づくと、
ショッピングセンターや露店でもバレンタインギフトが
全面的に陳列されるようになってきた。


各国で独自の習慣があるバレンタインデーだが、
ミャンマーではカップルがプレゼントを贈りあったり、
なぜかペアルックで町をデートしている姿が目につく。


ミャンマーでは、日本のように女性から男性にプレゼントを
贈るのではなく、男性から女性に贈るのが一般的である。
またカップルだけではなく、友人や家族にプレゼントを
贈ることもあるようだ。


また、日本と同じようにチョコレートやお菓子などの食べ物を
贈ることもあるが、チョコレートを食べる習慣のない
ミャンマーでは、花束などがプレゼントとして
選ばれることが多い。


〇バレンタインギフトといえば、これ!
ミャンマーで誕生日やクリスマスに贈る定番ギフトといえば
「ぬいぐるみ」。これは子どもに限った話ではない。
老若男女、ぬいぐるみを贈る習慣がある。
なぜなのかはわからないが、事あるごとに登場する定番だ。


この、ミャンマー人のぬいぐるみ好きをうまく利用した、
定番ギフトになりつつあるバレンタインならではの商品がある。
それは、「ぬいぐるみを使ったフラワーアレンジメント」。


バレンタインデーには、ぬいぐるみとセットになった
花束があちらこちらの店頭に並ぶ。
花束の中に小さいぬいぐるみが添えられているものから、
ぬいぐるみがメインにアレンジメントされたものまで、
実にさまざまな種類がある。


普通の花束よりも2倍以上の価格だが、
バレンタインデーの時期に店頭に行くとずらりと
並べられていて、その需要を肌で感じることができる。
ちなみに、フラワーアレンジメントだけではなく、
お菓子にぬいぐるみをつけたり、アクセサリーと
ぬいぐるみをセットにして贈ることも多いようだ。


ミャンマー人にとって、ぬいぐるみは贈り物をするときの
なくてはならない大事なアイテムなのだ。


■なぜ、支持されているのか?
チョコレート=バレンタインデーというイメージが
定着している日本とは違い、実は、バレンタインデーに
何を贈ったらいいか、悩んでいるミャンマー人も多い。


そんな悩みを解決してくれるのが定番の「ぬいぐるみ」なのだ。
誰もが喜ぶフラワーアレンジメントに定番を掛け合わせたことで、
ミャンマーでの贈り物として外さないポイントを押さえている。


ミャンマー人にとってプレゼントの定番である
「ぬいぐるみ」を贈りたい、でもバレンタインだから
花束も贈りたい。そんな消費者のニーズにこたえてくれる、
ミャンマーならではのフラワーアレンジメントといえる。

■ミャンマー人の心をくすぐる二つのポイントとは?
1.ミャンマー人が愛してやまないぬいぐるみを活用
年を重ねてもミャンマー人に人気の定番ギフト、
ぬいぐるみをうまく活用している。


2.花束×定番「ぬいぐるみ」で悩める消費者の心をキャッチ
バレンタインデーだからこそ、花束だけでは
もの足りない、定番のぬいぐるみがあれば最強!
うまい具合に、ミャンマー人の心を掴んでいる。

────────────────────────────────────
内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(*^_^*)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com

海外マーケティング担当者必見!
世界のママの生活実態からママのインサイトを紐解く『セカママ通信』

登録はこちらから:
http://gm-ri.com/newsletter.html

────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。

なお、会員の方は、会員専用ログインページから、IDとPASSWORDを入力して
アクセスしてください。


●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact/
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRI会員(法人会員/グローバルママ会員)のログインページ(会員専用)
http://gm-ri.com/login/
※記事全文が閲覧できます。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE
ページの先頭へ