グローバルママ研究所
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

我が家の双子のちょっと珍しがられる習い事といえば、ミュージカル。
ジャズやバレエなど、さまざまな種類のダンスと英語の歌を組み合わせた
日本で注目急上昇中の習い事です。


先日、土砂降りの中、発表会があり、末っ子を連れて観にいきました。
大きな舞台。大ホールにひしめく観客。
そのなかで堂々と練習の成果を出すというのは大人でも
緊張するものです。


でも、子どもたちは笑顔で堂々と歌って、踊っていて
こちらも成長を感じられて、うれしい気持ちになります。


さて、世界にはさまざまな習い事がありますが
今回取り上げるスイスでは日本ではあまり聞いたことがない
ある習い事が大人気だそう。


さて、どんな習い事なのでしょうか?!


注目ポイントはこの3つ。

・多様な体験を重視!
・冬も元気に過ごしてほしい!運動系の習い事が人気
・親のニーズに合わせながらも、子ども心もつかむ!

新たな習い事ビジネスのヒント!?スイスで子どもに人気のアクロバティックな習い事とは?


子どもゴコロをくすぐる、あのアクロバティックな動きが自分もできる!?


スイスの小中学校ではクラブ活動のような課外活動が一切ない。
塾通いする子どもたちが最近若干増えてきたものの、いまだ
ほかのヨーロッパ諸国に比べても少ない。
このため、放課後の時間がたっぷりある。


ただし、家でテレビやデジタルゲーム漬けにならないように、
何かさせたいと思う親は多い。そんな親の心理と、好奇心の強い子どもたちを
うまく取り込んで、さまざまな習い事ビジネスが繁盛している。


今回は、スイスのお稽古事事情を紹介しつつ、
スイスで近年、習い事として人気上昇中の、サーカスの授業に
ついて紹介する。

■商品・プロモーションの概要 

○スイスのお稽古事最新事情とは?


子どもたちの放課後の時間を有意義になものにしたいと
考えるスイスの親たち。たいてい、週に1〜2回程度は
子どもたちに何か習い事をと考えている。


特に、スイスでは冬場に体を動かす機会が大きく減るため、
習い事として、スポーツを希望する親が多い。
実際、サッカーや体操など比較的安価でできる運動系の
習い事が一番人気がある。


伝統的な習い事のひとつである楽器のレッスンも人気が高いが、
近年は対象となる楽器の種類が顕著に増えているのが特徴だ。


例えば、ヴィンタートゥア市の老舗音楽教室provaで
教えている楽器数は現在40種類以上ある。
以前は圧倒的多数派だったピアノやギター、
リコーダーを習う人がいなくなったわけではないが、
パンパイプ、アルプホルン、ブルースハープ(ハーモニカ)など、
多種多様な少数派楽器のレッスンが増えている。
子どもの好みに合わせて楽器の種類も多様化している。


○サーカスの世界を体験できる授業

運動系と音楽系と並んで、最近、スイスで人気上昇中の
習い事の一つがサーカスの授業だ。


サーカスと聞くと、日本では少し突飛な感じがするかもしれないが、
スイスでは、クリスマスやイースターなど休暇のたびに
主要都市にやってくる季節行事や伝統文化の一部であり、
今もなお、全世代から大人気のエンターテインメントだ。


ジャグリング道具などのサーカスの基本小道具は、
日本のけん玉のように、子どもの身近にある遊具の定番でもある。
このため、スイスの子どもたちは、サーカスに対してもともと親近感があり、
自分もやってみたいと思う子どもたちも少なくない。


サーカスの授業では小道具だけでなく、玉乗り、曲芸用自転車、
一輪車、空中ブランコ(ただし揺れずに静止しているブランコの上での演技が中心)、
縄わたり、吊り下げた布(空中で布をたぐりよせて体を固定し演技する)など、
普段は体験することができない本格的なサーカスの道具の使い方も、
年齢や能力に応じて教えてもらえる。


どの子も週1回の練習だけでも年間の練習を通じてかなり上達する。
そのお披露目のため、年に一度、家族や知人を招いて行われる
サーカスのショー(発表会)も開催されるのが一般的だ。


これまでできなかった様々な種目が次々できるようになったり、
それを人前で披露して拍手をあびるという体験は、子どもにとって
特別で貴重な体験だ。そのため、総じてサーカスの授業の人気は高く、
受講を希望しても、半年や1年程度、クラスに空きができるまで
待たなければならないこともよくある。



参照URL:
Musikschule prova
http://www.prova.ch/


FSEC/VSZS/FSSC
https://www.ecolesdecirque.ch/


«myStory» – In der Zirkusschule, SRF, 07.09 bis 4.10.2013
http://www.zambo.ch/Start/Archiv/2013/09/02/Videos/myStory-In-der-Zirkusschule


「学校のしくみから考えるスイスの社会とスイス人の考え方」日本ネット輸出入協会
http://jneia.org/locale/switzerland/151203.html


サーカスの練習道具

■支持されている背景・理由

まず、なんといっても、子どもを取り巻く環境面が大きい。
放課後に習い事に使える時間が比較的豊富にある。
さらに、親たちは、できれば運動系や情操教育的な習い事を
することで、その時間を有効に活用してほしいと願っている。
サーカスはその両方が叶う授業なのだ。


子どもたちはというと、身近にある憧れのサーカスの世界にどっぷりつかれて、
アクロバティックな種目に色々と挑戦できる授業はメリハリがあり、
純粋に楽しんでいる。また、種目を達成できると喜びも大きい。
特に女子には最後にあるショーという晴れ舞台が魅力なようだ。


親の都合も、子どもたちの満足も満たすという習い事は
そうたくさんない。そのような意味でもウェイティングリストが
あるのは納得感がある。

■スイス人ママの心をくすぐる3つのポイント

1.多様な体験を重視!
スイスの放課後の習い事は音楽教室でも楽器の数が40種類以上あるなど、
バラエティーに富んでいるのが特徴の一つ。


2.冬も元気に過ごしてほしい!運動系の習い事が人気
できるだけ子どもに運動させたいと思っている。
スイスの親に人気が高いのは、運動系の習い事だ。


3.親のニーズに合わせながらも、子ども心もつかむ!

運動してほしいという親の願いをかなえながらも、
子どもたちが普段体験できないようなアクロバティックな運動が
できるサーカスの授業。親も子どももそれぞれのニーズが
あることをしっかりと把握し、マーケティングに役立てて
みてはどうか?

────────────────────────────────────
内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(*^_^*)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com

海外マーケティング担当者必見!
世界のママの生活実態からママのインサイトを紐解く『セカママ通信』

登録はこちらから:
http://gm-ri.com/newsletter.html

────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。

なお、会員の方は、会員専用ログインページから、IDとPASSWORDを入力して
アクセスしてください。


●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact/
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRI会員(法人会員/グローバルママ会員)のログインページ(会員専用)
http://gm-ri.com/login/
※記事全文が閲覧できます。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。