グローバルママ研究所
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

子どもたちが愛してやまない
幼児向けテレビ番組。
つい口ずさんでしまう歌や
カラフルなキャラクターなど、
幼児をぐっと惹きつける要素が
ちりばめられています。


昔からテレビは目が悪くなるからとか、
さまざまな理由で嫌われる傾向にありますが、
食事の支度などで忙しい時間帯には
つい、テレビやDVD、YouTubeなどに
頼ってしまうママも。今も昔も変わらない
子育てシーンの一コマでもあります。


実はコンテンツから海外に進出するというのは、
うまくいけば、非常に強力な武器となります。
現地でヒットすれば最強の入り込み方ではないかと
思ったりもします。


わかりやすい例でいうと、
韓流ドラマの影響と韓国女優への憧れから、
ローカル女性たちが韓国ブランドの化粧品を
買い求め、その需要がアップするなど…。


子どもたちの世界もそれは同じ。


今回は、今や世界数十か国でヒットを
飛ばしているとある幼児番組から、
コンテンツをどうやって戦略的かつ
多角的にビジネスにいかすのか。
海外事例から学びます!



注目ポイントはこの3つ。

・親子ともに夢中!おしゃれでポップな番組
・世界中どこからでも気軽に閲覧!
・ワールドツアーや保育園など、リアルな接触ポイントがある!

シンガポールでも人気沸騰!世界中で支持される英語の幼児番組『Hi-5』のビジネス展開とは?


「1・2・3・4、Hi-5(※)!」


メロディーが流れるとぐずっていた子どもも
何事もなかったかのように立ち上がり踊り出す。


高い教育費を払ってお金をどぶに捨てることなく、
幼い頃から子どもに英語やリズムを身につけさせたい
パパ・ママに朗報だ。


子どもに英語を学ばせたい!
小学校から必修化されたリズムダンスも早いうちから始めさせたい!
リアルな英語で親も英語を身近なものにしたい!


そんな願いをかなえてくれる、
ある幼児番組が今、世界で人気を博している。
子どもたちのハートをつかんで離さず、
オシャレでポップな歌とダンスに親子ではまってしまう。


今回は、その人気の秘訣を紐解きつつ、
そのビジネス展開にも迫る。
※出会い系ソーシャルネットワーク『hi5』とは異なる。

■商品・プロモーションの概要 

○世界中の子どものハートをつかんだ英語幼児番組とは?


1998年4月にオーストラリアのシドニーで始まった
幼児向け英語番組『Hi-5』は、今やそのネットワークを
世界に広げ、ニュージーランド、シンガポール、イギリスに続き、
東南アジア諸国を含む世界64か国(※1)で支持されている。


メンバーは5名構成。一部、アジア系・アフリカ系のメンバーが
採用されている。これも、多くの国で親しまれている理由の一つだ。


他の英語の幼児番組と異なり、リアリティがある憧れのお兄さんとお姉さんが
テンポの速い音楽に乗ってダンスしており、その衣装やセットには
幼児が好む明るく、鮮やかできれいな色が採用されている(※2)。


また、日本の幼児番組とは異なり、対象年齢の設定が2歳から8歳と、
幅広く設定されている。幼稚すぎず、難しすぎない内容が
着実に世界でファンを増やしている。



参照URL:
『Hi-5』公式ホームページ
http://landing.hi-5world.com/

■支持されている背景・理由

〇手軽さと身近さのバランスがカギ?


なぜ数ある幼児番組のなかから、
オーストラリア発の幼児番組『Hi-5』がヒットしたのか。
非英語圏である他国でも支持されている理由が
どこにあるのか探ってみた。


まず、どこでも誰でもアクセス可能であることが
挙げられる。国によってはテレビ放映されており、
ビデオシリーズも販売されている。ただ実際のところ、
テレビやビデオがなくても、インターネット環境に
接続できれば、『Hi-5』の世界へアクセスできる。


ウェブ検索で「youtube」「Hi-5」と検索するだけで、
多くのシリーズを無料で見ることができる(※3)。


似たような例としては、最近世界で知名度をあげている
『Pororo the Little Penguin』(※4)という韓国を代表する
幼児番組がある。


この番組もインターネットで気軽にアクセスできるためか、
世界中の子どもたちの目にふれる機会が増え、シンガポールでは
この番組がテーマの有料室内プレイグラウンドまでできた。
高い入園料にも関わらず、休日は親子連れであふれている。


一方、日本を代表する幼児番組は著作権の関係からか、
アップされてもすぐに削除され、目に触れる機会が
ぐっと下がるのが実情だ。


二つ目は、リアルで憧れのお兄さんとお姉さんに会えること。
『Hi-5』は、ワールドツアーを行っている。有料の場合もあれば、
無料の場合もある。筆者が住んでいるシンガポールでは、
2017年3月中旬のスクールホリデーの時期に、
あるショッピングモールで『Hi-5』の一日2回の
無料コンサートが数日間行われたが、
その時の混雑ぶりはすさまじいものだった。


最後に『Hi-5』がテーマの施設=保育園を挙げたい。
『Hi-5 House of Learning(※5)』と呼ばれている
こちらの施設、マレーシアのクアラルンプールを筆頭に、
シンガポールでも『Hi-5』がテーマの保育園が開園された。
内装から授業の教材、先生まですべて『Hi-5』仕様である。


音楽と創造、感情表現、コミュニケーション、算数、
ワールドナレッジ、身体発達の6つのテーマの活動が用意されている。


教材は『Hi-5』のテレビ番組を利用することもあるが、
視聴時間は一日20分以内と徹底しているので親も一安心だ。
保育園関係者へのインタビューによると、
フィリピンのマニラにも保育園を近々開園予定だそう。


参照URL:
※1
「BBC Home Hi-5 comes alive at the Theatre Royal」
http://www.bbc.co.uk/norfolk/stage/HI5_helena_harris.shtml


※2
「Wikipedia Hi-5(Australian_band)」
https://en.wikipedia.org/wiki/Hi-5_(Australian_band)


※3
「Hi-5 公式 youtubeページ」
https://www.youtube.com/user/Hi5OfficialTV


※4
「Wikipedia Pororo the Little Penguin」
https://en.wikipedia.org/wiki/Pororo_the_Little_Penguin


※5 
「Preschool:Hi-5 House of learning Singapore」
http://hi-5school.com/sg/



■シンガポールの多国籍ママの心をくすぐる3つのポイント

1.親子ともに夢中!おしゃれでポップな番組
子どもたちの心を惹きつける鮮やかでおしゃれな衣装、
親子ともに踊りだしたくなるようなテンポの速い音楽など、
見ていて楽しい要素がちりばめられている。


2.世界中どこからでも気軽に閲覧!
インターネット環境さえあれば、
どこからでも気軽にアクセスして、閲覧できる。  
スマホ保有率が9割近いシンガポール。
スマホからすぐアクセスできる手軽さも人気の秘訣だ。


3.ワールドツアーや保育園など、リアルな接触ポイントがある!
ワールドツアーが有料、無料で展開されているほか、
『Hi-5』の世界観が毎日体感できるオリジナルカリキュラムを使った
保育園が開設されているなど、テレビの世界を飛び出し、
リアリティある体験ができる場があること。

────────────────────────────────────
内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(*^_^*)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com

海外マーケティング担当者必見!
世界のママの生活実態からママのインサイトを紐解く『セカママ通信』

登録はこちらから:
http://gm-ri.com/newsletter.html

────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。

なお、会員の方は、会員専用ログインページから、IDとPASSWORDを入力して
アクセスしてください。


●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact/
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRI会員(法人会員/グローバルママ会員)のログインページ(会員専用)
http://gm-ri.com/login/
※記事全文が閲覧できます。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。