GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • その他

海外マーケティング

2017.02.22

健康・美容 Health and Beauty

海外マーケティング


vol.71:美容大国ドバイで人気のコスメ、その知られざる実態とは?

美容大国ドバイで人気のコスメ、その知られざる実態とは?


2010年、世界のムスリム人口は約16億人を突破した。


これは、4人に1人がイスラム宗教信者であることを意味している。
ムスリムは、モスクでお祈り(サラート)をしたり、
食事は国の法律に殉じたハラル食品を食べたり、
生活スタイルの選択は法律の中で行われる。


最近日本でも耳にするようになった「ハラルフード」や「ハラルコスメ」。
これらは、豚肉やアルコール、動物の血液を一切使用せず、
厳格な審査のもと作られるため、安全性や品質が保たれている。


結果として、オーガニックでエコフレンドリー、
そして、妊娠・出産で抵抗力が落ちやすい妊婦や
ママにもおすすめなのだ。


今回は、美容関連の国内市場が年間約1.5億ドルへと拡大している
UAE、特に美容大国ドバイのハラルコスメを紹介する。



参考URL:
日本経済新聞「イスラム教徒、2100年には最大勢力 世界の宗教人口予測」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H0I_W5A400C1EAF000/

■商品・サービス概要
○イスラム女性がコスメを買う3つの決め手とは?


アラブ首長国連邦の首都アブダビに続き、
先進都市ドバイの85%は海外移住者で成り立っている。


国全体の76%はムスリムのため、街中にモスクがあり、
近代的なショッピングモールやレストラン街でも
毎日5回必ずお祈り(サラート)が聞こえてくる。


このような生活の軸となっているイスラム宗教は、
食事、睡眠、仕事、美容など、あらゆる面での判断基準となっている。


女性向けの化粧品もそのうちのひとつ。
イスラム女性がコスメを買う時の決め手は「安全」「品質」
そして「法律(ハラル)」にある。


ハラルとは、もともと、豚肉や血肉を食べてはいけないという
約束のひとつであるが、女性は口にするだけでなく肌に塗ることや
触ることさえ禁じられているのだ。


某有名ブランドコスメには、化粧品のなかに動物性(豚肉)油などが
一切含まれておらず、原材料が植物性ということもあり、
人によってはオーガニックコスメよりも肌質に合うという。


今、ハラルコスメに注目が集まっている理由がここにある。


○ハラルコスメブランド不動の1位は「Amara」


ドバイの「セフォラ」や「Boots」などのコスメショップに
必ずおいてあるブランドが「Amara」。
アラブ女性のとっておきコスメだ。


リップ1本58ドル、ファンデーションは35ドルと決して
リーズナブルではないが、彼女たちがこのコスメに絶対の信頼を
寄せている理由がある。


それは北米のイスラムコミュニティで生まれたものだから。


中東地域だけでなく、アメリカはもちろん、
イギリスやフランスのムスリムが住む地域でも「Amara」はある。


普段、女性たちは女性用イスラム服「アバヤ」を着用し、顔まで
しっかり隠している。しかし、レストランなど飲食の場で
ちらりと見えたりする彼女たちの顔だちは、美しい。


彫刻のように高い鼻に慎ましやかな口元は、
絶世の美女と呼ばれたクレオパトラを彷彿させるほどである。


そんなアラブ女性のアバヤは、決してすっぴん隠しというわけではなく、
しっかりと化粧したうえで、「見せない」美学を貫いている。
その美学を支えているのがこのハラルコスメなのだ。



参考URL:
「アブダビ・ドバイスタイル」(JETRO資料):
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/8a510d662cfc29f9/1_overview.pdf


「Amara Halal Cosmetics」公式ホームページ:
https://amaracosmetics.com


出典元:https://amaracosmetics.com/shop/3-lipstick-1-lipgloss/

■なぜ、支持されているのか?
アブダビやドバイは「石油王がいる」というイメージがある。
もちろん石油だけではないが、ドバイの2割を占める
アラブ人は生活水準が高い。


高級腕時計やブランドバックを身につけ、高級車から大家族が
ぞろぞろと出てくる。一夫多妻制が認められるイスラム宗教では、
妻3人とそれぞれの子どもたちを連れ、6〜10人の大家族で
モールで買い物をしている。


そんなドバイやアブダビに住むアラブ女性たちは、
ブランド品や美容に大金をつぎ込む傾向にある。


2015年、アラブ首長国連邦では約1.5億ドルが
美容(化粧品や美容外科)に使われ、今後5年以内に
2億ドルは突破すると予測されている。


その金額を聞いて納得できるほど、ドバイで見かけるアラブ人女性は、
髪の毛は隠していて見えないものの、肌も手も、
爪の先まで滑らかで美しい。


今後、40年間のイスラム教徒の増加率は73%と予測されており、
キリスト教徒やヒンズー教徒の増加率の2倍以上に達する。
そして、ムスリム人口の増加に伴い、ハラルコスメ市場も着実に
成長を遂げ、拡大していくと予測される。
■UAE女性の心をくすぐる二つのポイントとは?
1.「見せない美学」になくてはならないハラルコスメ
ムスリム女性が頭に被るスカーフ(ヒジャブ)に
代表されるようにイスラム女性たちは外に表れるもの以外の
美しさを目立たせないよう、身体をヴェールで覆っている。
一方で、女性であることへのあくなき追及もそのヴェールの下では
行われており、戒律と美学を上手にかなえてくれるのが
ハラルコスメだといえる。


2.北米最初のハラルコスメ会社発!
「Amara Halal Cosmetics」は、ハラル認証を受けた化粧品を
アメリカで初めて送り出した北米初の企業。
創業者の「ムスリムが購入前にラベルを見て確認しなくても
簡単に購入できる化粧品ブランドを作りたい」という想いが
北米のみならず、UAEのムスリム女性たちからも
絶大な支持を受けている。

────────────────────────────────────
内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(*^_^*)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com

海外マーケティング担当者必見!
世界のママの生活実態からママのインサイトを紐解く『セカママ通信』

登録はこちらから:
http://gm-ri.com/newsletter.html
────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。
────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。

なお、会員の方は、会員専用ログインページから、IDとPASSWORDを入力して
アクセスしてください。


●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact/
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRI会員(法人会員/グローバルママ会員)のログインページ(会員専用)
http://gm-ri.com/login/
※記事全文が閲覧できます。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE