GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • ドイツ

海外マーケティング

2016.04.20

その他 Others

海外マーケティング


vol.30:ブランドより○○重視!キッズ向けサングラスから紐解くドイツ人ママ攻略法

ブランドより○○重視!キッズ向けサングラスから紐解くドイツ人ママ攻略法


子どもにサングラス…
サングラスは、日本では大人向けのおしゃれアイテムというイメージがあるが、
ここドイツでは紫外線から身を守るためのアイテムである。


幼いころから砂遊びで手足の感覚を養うことや、
毎日長時間外気に触れることをよしとする風潮があり、
ドイツでは赤ちゃんのうちからよく外遊びをさせる。
よって、日差しの強い時期になると日よけの帽子と
サングラスは幼児にとっても必須アイテムとなるのだ。


日焼けを防ぐためには、日焼け止めクリームが真っ先に思い浮かぶ
アイテムだと思うが実はそれだけでは充分ではない。
眼球も日焼けをするのである。
角膜が炎症を起こしたり、水晶体が老化して白内障の原因にもなる。


また、目が日焼けをするとメラニン色素を作るように
脳に指令が送られるため、直接紫外線を浴びなくても
肌が日焼けをする実験データもある。


そう、せっかく日焼け止めクリームを塗っていても、
目からの紫外線で日焼けしてしまうのである。


参照URL:
http://www.inuilens.com/inui%20lens%20hp/what's%20uv/what's%20uv.html

■商品・サービス概要
では、ママたちはどんなキッズ向けサングラスを選んでいるのか。


ドイツ人のママ友に聞いてみると、「UVプロテクト100%」の表示があるものや、
「紫外線を400ナノメータまで防げる」ものであればよいという。
両方を満たせば、サングラスとしての機能は充分であり、
ブランドなどはあまり関係がないようだ。


ドラッグストア等では、子ども向けサングラスを自社ブランドで
販売しており、価格帯は2~5ユーロと安価である。
デザインも子どもらしく愛らしい。


筆者の周囲では『dm』というドラッグストアが手掛ける
『SUNDANCE』という日焼け止めクリームをはじめとした
紫外線対策グッズブランドのサングラスを使用している子どもが多い。
もちろん、筆者の息子も愛用している。


子どもにサングラスを渡すと、どうしてもサングラスの扱いが雑になりやすい。
落としたり、フレームを反対側に曲げてしまったりと
壊してしまうこともよくあるので、きちんと身を守れる品質はありつつ、
安価で破損を心配せずに使えるものがママにウケがよいようだ。


参考URL:
http://www.cleankids.de/2012/04/27/kindersonnenbrillen-im-test-preis-kein-kriterium/22641

https://www.dm.de/dm-marken/sundance/?wt_mc=sem.onlineshop.pflege-duft.sundance

http://www.yopi.de/prd_5225049


■なぜ、支持されているのか?
理由は大きく分けて2つある。


ひとつは、ドイツでは目から入る紫外線への対策は常識であるということ。
それは大人だけではなく子どもも同様に対策すべきという考えが浸透している。


もう一つは、手軽な価格で高品質なノーブランド商品が手に入ること。
ドイツ人はデザイナーズ・ブランドなどにあまり興味がない。
ドラッグストア等が販売する子ども向けサングラスは安価でありながら
紫外線を防ぐのに十分な品質を備えており、安心して気軽に買うことができる。


デザインも豊富で子どもが喜ぶカラフルでポップな商品が多いので
子ども自身も喜んで着用したがるのもポイントだ。
幼児向けにはサングラスがずり落ちないようにゴーグルのように
サングラスをゴムバンドで固定できるタイプもあり、
公園等で幼児がサングラスを着用して砂遊びに夢中になっているのを
よく見かける。

■トレンドから見えるドイツでウケるポイント3つ
1.高い品質は大前提!
UVプロテクト100%の表示などがあって、
サングラスが高品質であること。

2.堅実なドイツ人ママが気軽に買える価格設定
ブランドにはあまり興味がなく、消費や支出には慎重なドイツ人は基本的に
倹約家である。かつ、子どもが持つものなので長持ちしないことも計算済みである。
よって、気軽に買える価格設定は重要なのだ。

3.やっぱり子ども目線が大事!デザインはかわいく
やっぱり子どもゴコロをくすぐるデザインは万国共通で
必須条件ではないだろうか。

ママリサーチャー:ドイツ在住I.O.


内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(*^_^*)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com
海外マーケティング担当者必見!
世界のママの生活実態からママのインサイトを紐解く『セカママ通信』

登録はこちらから:
http://gm-ri.com/newsletter.html

────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。

なお、会員の方は、会員専用ログインページから、IDとPASSWORDを入力して
アクセスしてください。


●GMRI会員(法人会員/グローバルママ会員)のログインページ(会員専用)
http://gm-ri.com/login/
※記事全文が閲覧できます。

●法人会員新規入会手続き窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新規で入会を希望する企業様向けのお問い合わせ窓口です。

●個人会員(グローバルママ会員)新規入会手続き窓口 ※簡易な審査あり
http://gm-ri.com/membership/
※新規で入会を希望する個人(ママ)向けのお申込みフォームです。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE