GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • インドネシア

海外マーケティング

2016.01.20

グルメ・料理 Gourmet and cooking

海外マーケティング


vol.18:チョコレートから紐解け!インドネシア親子の心のスイートスポット

チョコレートから紐解け!インドネシア親子の心のスイートスポット


「お菓子を食べる前にごはんをしっかり食べなさい!」

「寝る前にお菓子を食べてはいけません!!」

と、日本ではよく聞かれるフレーズだが、インドネシアの人は
とにかくみんなお菓子が大好きだ。

寝起きの子どもにお菓子を与えたり、どんな時間帯であってもお菓子を食べさせる。
また、子どもがぐずったらなだめるためにまたお菓子・・・。
インドネシア人は子どもをしからない、しつけにもうるさくない
(日本人からみると無頓着すぎる)国民である。

「子どもが欲しがるから、あげないと泣くから」という、
なんとも理解しがたい理由で欲しがるままにお菓子を与える。
そして、子どもたちはチョコレートが大好き。
大人までもチョコレートや甘いお菓子が大好きなのだ。

だが、ここで問題になるのが子どもの虫歯である。
チョコレートなどを頻繁に口にしており、食べるたびに歯磨きをする習慣もないため
(正しくは親が放置している)、3歳ぐらいで歯が溶けている子も少なくない。
また、大人は「いずれ永久歯に生え変わるから」という理由で、
よほどの痛みがない限りは歯医者に連れていかない。

■商品・サービス概要
チョコレートが大好きなインドネシアの子どもたち。
しかし、板チョコのような、100%チョコレートだと、気温が高いインドネシアでは
すぐに溶けてしまう。そのため、ウェハースタイプのチョコレート菓子が圧倒的に多い。
なかでも、特に人気があるのがインドネシアの老舗大手菓子メーカー「OT社」の
ウェハース「TANGO」シリーズ。お土産として手ごろなのか、観光客にも人気だ。
年々、味のバリエーションが増えているが、オーソドックスに、
クリーム・チョコ・ストロベリー味が人気である。

そして、最近よく見かけるようになった板チョコタイプのチョコレートで人気なのが、
イギリスのメーカー「CUDBARY」の「DAILY MILK」という板チョコである。
スーパーやコンビニの売り場でもチョコレートコーナーを「DAILY MILK」シリーズが占めている。
ナッツやレーズン入りもあるが、一番人気はシンプルなミルクチョコ。
インドネシアのチョコレートはウェハースタイプのものが多く、純粋な「板チョコ」は
おいしくないものが多い。その点、この「DAILY MILK」はそのままでおいしい。
素材そのものを味わえるシンプルな味が一番好まれているのである。

■なぜ、流行っているのか?
板チョコは輸入物が多く、値段も高いものが多い。しかし、この板チョコは
普段のお菓子よりは高いが、子どもでも買える値段(8.000rp=約80円)なので、
買いやすいのが特徴だ。

しかも味がおいしい。インドネシアメーカーの板チョコははっきり言って
まったくおいしくないが、こちらのチョコはイギリスのメーカーであるためか、
味もおいしい。

そして、CMもよく目にする。どうやら子どもが対象ではなく、
明らかに20代前後の若い世代がターゲットだと思われるのだが…。

CMは、図書館で若い大学生の男女が隣り合わせに座っており、
女性に近づきたい男性が「僕と友達になってくれませんか?OKならこのチョコを一口食べて」とメモと
チョコを渡すという内容で、セリフがない。ちなみに、好評なのかシリーズ化されていて、
シリーズ4まである。このようなCM効果もあって、若い女性を中心にチョコレートが好きな
大人たちもこの商品をよく買うようになった。

「DAILY MILK」のCM
https://www.youtube.com/watch?v=wTCz_bht4mY

味もビターチョコではなく、甘いチョコなので、子どもから大人まで幅広い世代で
好まれている。紫色のパッケージが印象的で覚えやすいうえ、陳列棚に大量に並んでいるため、
見つけやすく、子どもも手に取りやすい。

一度、「コレ、おいしい!」となると、スーパーなどの陳列棚には関連商品がずらっと並び、
新しいもの・流行りものが大好きなインドネシア人たちは「買ってみよう」
「流行っているからおいしいに違いない」と手にとるのである。


参照URL:
「TANGO」シリーズ
http://ot.id/produk

イギリスのメーカー「CUDBARY」
https://www.cadbury.co.uk/

■トレンドから見えるインドネシアでウケるポイント3つ
1.インドネシア人は新しいもの・人と同じことが大好き。
そのため、ほかの人が持っているものをすぐに持ちたがる。
あるいは、新しいものにすぐに飛びつく性質がある。

2.CMの影響もまだ大きい。印象に残るCMの効果は絶大だ。
テレビ好きな国民性もあり、テレビの影響力は根強いものがある。

3.外国製品に憧れやステータスを感じる。
「外国製」の表記にめっぽう弱い。そのため、外国製で味は一流、
でも手ごろな価格のチョコレートでプチセレブ気分も一緒に
味わえる点が心に響いていると思われる。

ママリサーチャー:インドネシア在住R.S.

海外マーケティング担当者必見!
世界のママの生活実態からママのインサイトを紐解く『セカママ通信』

登録はこちらから:
http://gm-ri.com/newsletter.html

────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。
────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。

なお、会員の方は、会員専用ログインページから、IDとPASSWORDを入力して
アクセスしてください。


●GMRI会員(法人会員/グローバルママ会員)のログインページ(会員専用)
http://gm-ri.com/login/
※記事全文が閲覧できます。

●法人会員新規入会手続き窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新規で入会を希望する企業様向けのお問い合わせ窓口です。

●個人会員(グローバルママ会員)新規入会手続き窓口 ※簡易な審査あり
http://gm-ri.com/membership/
※新規で入会を希望する個人(ママ)向けのお申込みフォームです。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE