GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • 韓国

海外SNS

2016.01.14

グルメ・料理 Gourmet and cooking

海外SNS


vol.17:新しいもの大好き!韓国のSNS拡散パワーを味方につける方法とは?

新しいもの大好き!韓国のSNS拡散パワーを味方につける方法とは?


「人のものを欲しがる」

というのは子どもに顕著だが、大人も口で言わないだけで
この心理が働いている。

昨年、韓国中を話題にしたポテトチップス「ハニーバターチップ」
がまさにこの心理をそのまま利用した典型的なケースだ。
それまで、韓国で見かけるポテトチップスはほとんどが塩味で、
日本のようにコンソメやのりしお、地域ごとの限定の味など、
味のバリエーションがほとんどなかった。

そこへ登場したのが空前の大ヒットとなったこのポテトチップスだ。
日本のスナック大手カルビーと業務提携している韓国のヘテ社から
2014年8月に発売されたこちら、新しいものが大好きな韓国人に
うってつけの商品だった。

ネットでクチコミが広まっていくと、次々と周囲と同じ行動をとりたがる気質を
上手に活用し、またたく間にハニーバターチップは韓国中で売り切れが続出した。

それでも食べたい人はインターネットの情報を駆使したり、お店の人と仲良くなって
入荷のニュースを待ってお店に並び、購入する姿もよく見かけた。
かくいう筆者もスーパーから送られてくるメールの入荷情報を見て、
つい並びに行ってしまった一人である。

当時二人目を妊娠中で予定日が翌週に迫っていたが、極寒の韓国の1月、
さらに雨の中、家から歩いて5分ほどのスーパーで販売すると聞いて
行ったのだが…。なんのことはない、発売1時間前から行列ができていて、
売り切れてしまった後だった。

その後、材料がそろわないということで入手がさらに困難になり、
しまいには中古販売のサイトで、数倍の値段で売買されたり、詐欺まで発生した。
そして、さまざまなメーカーから模倣したハニーバター味の新商品が発売された。
新たにヒットを狙わず、すでに流行っているものを無難にマネするあたり、
「われ右に倣え」なお国柄を感じたのだった。

このブームに先んじて日本でもカルビーより「しあわせバター味のポテトチップス」は
発売されていた。韓国のハニーバターチップが手に入らないのならばと、
カルビーのものを輸入し、4倍の値段で売るお店が続出した…。
※日本でも空港の雑貨店などで韓国人向けに販売されていた。


参照URL:
ハニーバターチップ: 
">http://me2.do/xJ0gPhyv

ハニーマスタードチップス:
농심 수미칩 허니머스타드 짭조름하고 맛있네요,ㅎㅎ by 호나우도맨

http://me2.do/xGadl2l3
■商品・サービス概要
ハニーバターチップ販売前は塩味以外のポテトチップスを
見かけることがほぼなかった韓国。
そんな中、すい星のごとく登場し、一気に人気が上昇した。

味は名前の通りバターの塩味にはちみつの甘さがあって、
食べると病みつきになるような感じである。
強いバターの風味で嗅覚を刺激され、はちみつと
塩味の絶妙なハーモニーで味覚も喜ぶ。
まさに五感で楽しめるおやつである。

ただ、筆者は正直、妊娠中だったのもあるかもしれないが、
食べきると重たい感じがした。
■なぜ、流行っているのか?
今まで韓国には塩味以外のポテトチップスがほとんど存在しなかった。

そのようななか斬新な味が評価され、食べた人がSNSにアップすると
一気に口コミで広まり、あまりの人気でニュースなどにも取り上げられ、
さらに国民の購買欲を駆り立てた。
また、ソ・ユジンなど韓国スターがSNSに刺激的なキャッチコピーとともに
写真を次々と載せるなど、セレブ効果も追い風になった。

手に入りにくいからこそほしくなるという人間心理。
そんな中で食べることができたという優越感などもあったと思われる。

■トレンドから見える韓国でウケるポイント3つ
1.塩味しかなかったポテトチップスというジャンルに
これまでにない味が登場し、新しいもの好きの韓国人の心をくすぐった。

2.インターネット上の情報に敏感な韓国。
誰か(特に有名人など)がSNSなどにアップすると、
あっという間に広がり、自分も同じように食べたがる。
「右へならえ」の精神がポイント。

3.新しくてもまずければ人気は出ない。、
研究しつくされたハニーバターの甘さと塩味を融合させた
味の絶妙なバランスが人気の要因となった。

ママリサーチャー:韓国在住T.S.
海外マーケティング担当者必見!
世界のママの生活実態からママのインサイトを紐解く『セカママ通信』

登録はこちらから:
http://gm-ri.com/newsletter.html

────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。

なお、会員の方は、会員専用ログインページから、IDとPASSWORDを入力して
アクセスしてください。


●GMRI会員(法人会員/グローバルママ会員)のログインページ(会員専用)
http://gm-ri.com/login/
※記事全文が閲覧できます。

●法人会員新規入会手続き窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新規で入会を希望する企業様向けのお問い合わせ窓口です。

●個人会員(グローバルママ会員)新規入会手続き窓口 ※簡易な審査あり
http://gm-ri.com/membership/
※新規で入会を希望する個人(ママ)向けのお申込みフォームです。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact/
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE