GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • アメリカ

海外マーケティング

2018.11.27

暮らし Life

海外マーケティング


vol.138:【アメリカの住宅事情】不動産売買市場サイトで圧倒的No.1!“Zillow”の人気の秘訣とは?

【アメリカの住宅事情】不動産売買市場サイトで圧倒的No.1!“Zillow”の人気の秘訣とは?


巨大な中古住宅売買市場を誇るアメリカで、
売買・賃貸になくてはならないプラットフォームと
なっている不動産情報サイトが、
“Zillow(ジロー)”だ。


アメリカ全土において、1.1億件もの物件を掲載し、
物件概要、過去の価格推移、独自の見積売買価格、
売買事例や学校などの周辺環境、固定資産税、
ローン計算機能など、あらゆる情報を網羅している。


不動産というリアルとITを融合し、積極的なM&Aと
周辺ビジネスへのマーケティング展開で、
月間閲覧数はなんと1.6億と、不動産情報サイトでは
一人勝ちの様相を呈している。

■商品・プロモーションの概要

〇Zillowが支持される背景とは?活発な中古不動産売買と情報開示


アメリカには、特有の不動産事情がある。
中古住宅売買戸数は約700万であり、
住宅ストックに対する流通比率は7.9%(日本は1.6%)、
中古比率は75%(日本は35%前後)と巨大な市場を有する。


こうした不動産事情を踏まえた上で、
Zillowが大きな支持を集める背景として
以下、3つが挙げられる。


1)ライフステージに合わせた転居
ビジネスや社会の変革スピードが速く、
雇用が流動的なアメリカでは、
転職やキャリアチェンジが一般的で、
必然的に転居が多くなってくる。
子どもの就学のタイミングで優良学区内に
家を購入し、高校卒業後に大きな家を売却して
夫婦で家や生活をダウンサイズするパターンも、
アメリカではよく聞く話だ。


2)リノベーションによる中古住宅の価値の維持
日本と違い、築年数の経過は、住宅価値に対して
それほど大きなマイナス材料にならない。
ただし、価値維持のための投資は必要で、
水回り/外壁や屋根/冷暖房設備/厨房機器などの
リニューアルに必要な予算は物件価格の年間0.5〜1%が
目安と言われている。劣化した中古住宅を割安で購入し、
大規模なリノベーションや増築を行う例もある。


3)売買情報の透明性

アメリカでは、構造/築年数/面積といった物件概要、
所有者や抵当権などの権利関係、
過去の売買価格などの物件詳細が、
仲介業者だけでなく一般に公開されている。
このシステムが、Zillowのように情報一元化を
可能にしている。不動産に関しては、アメリカでは
プライバシーの保護は存在しない。


さらには、前述した物件に関する基本的な概要に加え、
契約書類サポート、インテリア関連サイトなどの掲載まで、
住宅売買・賃貸に必要なあらゆる情報が
ワンストップで収集できる利便性も、
同サイトが人気を博している理由であろう。


参考URL:
https://expandedramblings.com/index.php/zillow-statistics/
https://www.cnbc.com/2018/04/13/zillow-shares-plunge-on-plan-to-start-flipping-homes-rival-opendoor.html
https://www.redfin.com/
https://en.wikipedia.org/wiki/Redfin
http://www.jresearch.net/house/jresearch/kizon/pdf/kizon08_02.pdf


■支持されている背景・理由

〇全米を網羅、ローンまで、ワンストップですべて完結!


Zillowは自らをメディア企業と称しており、
仲介業者への広告による安定収入を得ている。
豊富なコンテンツによってサイト閲覧数を確保することで、
仲介業者とコンシューマーをマッチングする
マーケットプレイスを確立。


さらに、マイクロソフトやYahoo!などとの提携、
同業・関連ビジネスを手掛ける
他社を積極的に買収することで、
業界シェアとブランディングを確立した。


最近では、住宅ローン業者とのマッチング、
不動産契約の効率化、自社による不動産投資などの
派生ビジネスも展開し、総合不動産情報企業へと
さらなる進化を続けている。


ちなみに、筆者が物件を購入した際にも
Zillowで情報収集のほとんどが完結した。


特に親として、引っ越しの際に気になるのが
公立学校の評価であるが、全米すべての学区を網羅しており、
非常に参考になった。また、これ以外にも過去の物件価格や
近隣相場・固定資産税の推移、ローン計算が役に立った。


現在も、自宅の価値や近隣の売買動向をチェックしたり、
Zillow Porchlightというインテリアアイデア集を見たりと、
Zillowアプリは住宅の売買という大イベントが終了したあとも、
いつ見ても飽きない。


一方、不動産サイトは競争の激しい領域でもあり、
自ら仲介業者でもあるRedfinが不動産情報サイトを充実させ、
Zillowの牙城に食い込もうとしている。


Redfinは全米をカバーしていない点で
Zillowに及ばないものの、仲介手数料割引を打ち出し、
自社の仲介ビジネスへの集客との相乗効果も狙っており、
今後両社の攻防にも注目したいところだ。

■アメリカでうける3つのポイント
1.ワンストップ完結型!総合不動産メディアサイト
全米1.1億件を網羅する物件概要、過去の売買価格、
固定資産税、学区情報・周辺売買事例、独自の見積価格、
ローン計算機能などを一挙に掲載。
さらに、仲介・ローン業者とのマッチング、契約書類サポート、
インテリア関連サイトまで、住宅売買・賃貸に必要な情報が
ワンストップで収集できる。


2.巨大なニーズがある中古住宅売買市場に着目
転職やライフステージに合わせて
家を住みかえていくのがアメリカ流。
住宅に関する情報開示が進んでおり、
リノベーションで住宅価値を
維持向上させることが一般的である。
この巨大な中古住宅売買市場が、Zillow成功の背景にある。


3.積極的な提携や事業展開により、利便性が他を圧倒
同業・類似企業の買収や提携、周辺サービスへの拡大で、
業界シェアとブランディングを確立。
単なる物件情報サイトから、
不動産総合サービス提供企業へと変貌しつつある。

────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。



●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE