GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • 香港

海外トレンド

2019.04.04

暮らし Life

海外トレンド


vol.142:【香港の洗濯事情】香港に新旋風!ママが熱狂した、コインランドリーサービスとは?

【香港の洗濯事情】香港に新旋風!ママが熱狂した、コインランドリーサービスとは?


世界的な金融センターであり、観光地としても名高い香港。
活気あふれるエネルギーに満ちた国際都市では、
今、不動産価格の高騰が深刻な問題となっている。


東京都の約半分の約1,100km²という狭い土地にも関わらず、
人口密度は世界第3位の6,747人/km²と
深刻な土地不足に陥っており、
そのため住居の狭さが悩みの種だ。


そんな住宅事情もあり、
香港の家の中で置き場に困るのが、洗濯機。
この状況を改善するべく、ここ数年、香港で注目されているのが、
コインランドリーだ。


今回は、数年前まで主流だった伝統的なクリーニング店と、
最近急増しているコインランドリーの特徴を比べながら、
香港ママの洗濯事情についてお届けしたい。

■商品・プロモーションの概要

〇住宅問題と深刻な空気汚染に起因する、香港の洗濯環境とは?

「世界で最も家を持つことが困難な都市」に、
8年連続で選ばれた香港。
国際通貨基金によると、住宅価格は
「好景気かつ過大評価」の状態で、
行政長官が「当局による抑制策が機能していない」と
指摘する事態になっている。


香港の住宅では、スペース確保のため、
洗濯機はキッチン台の下に備え付けの場合が多い。
また、ベランダなしの物件がほとんどのため、
基本的に洗濯物は部屋干し。
それでも、お日さまの下で洗濯物を
パリッと乾かしたいという万国共通なママの願いから、
香港で晴天時によく目にする光景が、
公園や道路に干された洗濯物だ。


さらに、香港の空気汚染は深刻で、
中国の北京よりもさらに悪い数値が出ることもある。
大気汚染指数が「健康に良くないレベル」に
達することもしばしば。
その上、亜熱帯気候のため年間を通して湿度が高く、
湿度が80%を超えることは珍しくなく、
100%になることもあり、とにかく洗濯物が乾きにくい。


このように、理想の洗濯環境から程遠い香港では、
洗濯、乾燥から折りたたみまですべて引き受けてくれる
クリーニング店が日常的に利用されてきた。


〇香港の新しいトレンド!コインランドリー

香港で、ほんの数年前まで洗濯を外注する際に
主流だったのが、現地で「洗衣便利店」と呼ばれる、
重量で値段が決まる料金一律制のクリーニング店だ。


朝の出勤前に洗濯物を出すと、
当日の帰宅時間帯には受け取ることができるという、
迅速で便利なサービスのクリーニング店だが、
その反面、洋服が床に直接置かれたり、
他人の洗濯物と混ざったりと、衛生面での不安点や、
営業時間が短いという弱点もあった。


そこに現れたのが、コインランドリー。
驚くことに、香港におけるコインランドリーの登場は2014年と、
つい数年前のことで、香港の人々にとって
コインランドリーで洗濯をすることは、
新しいトレンドなのだ。


宅配物受け取りサービスやWifi提供、
壁のスペースを使ったアート展示、
こだわりのコーヒーが飲める併設カフェなど、
様々な工夫と集客イベントによって、
瞬く間にコインランドリーが香港ママたちの間で浸透していった。


参考URL
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hongkong/data.html(外務省 香港基礎データ)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-05/P22BVZ6S972901(Bloomberg)
https://www.businessinsider.com/the-most-expensive-cities-to-live-in-around-the-world-in-2018-2018-1(Business Insider)
https://ja.weatherspark.com/y/127942/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%80%81%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%A1%8C%E6%94%BF%E5%8C%BA%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B9%B4%E9%96%93%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%B0%97%E5%80%99(Weather Spark)
https://www.nytimes.com/2018/04/03/world/asia/hong-kong-housing-prices-laundromats.html
(The New York Times)


洗濯物を外に干す様子

■支持されている背景・理由

〇忙しい香港ママのニーズに対し、付加価値を提供

洗濯と、待ち時間を有効活用するサービスの融合が、
ソーシャルメディアで話題になり、
この4年間で180店ものコインランドリーがオープンした。


朝洗濯物を出すと当日の夕方仕上がりの地元クリーニング店に対し、
コインランドリーはわずか1時間弱で洗濯を完了できる上に
24時間営業であることから、自らタイム・マネジメントが可能であり、
忙しい香港ママのニーズにぴったり。


また、従来のクリーニング店では
服の紛失や他人の洗濯物がまざることもあったが、
コインランドリーではそのようなトラブルはまず起きない。


それに加え、待ち時間に近所の人との交流が
生まれるというメリットもある。
ひとり暮らしのお年寄りの憩いの場になったり、
忙しい香港人にちょっとした息抜きの時間をもたらしたり、
「コインランドリーのおかげで近所の人を知るきっかけになった」
という声もあり、誰にでも気軽に話しかける
おしゃべり好きが多い香港人には、その点からも評判が良い。


付加価値を提供するコインランドリーは、
顧客の満足度が高く、長期に渡るリピート利用者が期待できる。
香港おけるコインランドリー・ビジネスの成功は、
香港ママを中心とした「ライフタイム・バリューの高い顧客」を
確保した結果と言えるだろう。

■香港でうける3つのポイント

1. 住宅問題や空気汚染に悩む香港人の洗濯事情
高湿気や空気汚染が深刻で、住居が手狭な香港では、
自宅で洗濯物を干す場所や、洗濯機置き場の確保が困難。
洗濯から乾燥まで全て仕上げてくれる
洗濯ビジネスが重宝されている。


2. 忙しい香港ママのニーズにうまく合致
コインランドリーは、衛生面や紛失などの
従来のクリーニング店につきものの不安点もクリア。
24時間営業、1時間弱で洗濯が完了できることから、
忙しい香港ママのニーズにマッチした。


3. 付加価値があるサービスと空間
宅配物受け取りやアート展示、カフェ、Wifiのサービスや
コンテンツに加え、ご近所さんとのおしゃべりや
気晴らしの場としても機能。
洗濯以外にも付加価値を生み出す空間を提供している。

────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルなママたちの最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界中のママの生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外ママの心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。



●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE