GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • ベトナム

海外トレンド

2019.05.17

暮らし Life

海外トレンド


vol.145:【ベトナム幼稚園事情】ママたちが注目、ベトナムで急増中の世界的に有名な方式の幼稚園とは?

【ベトナム幼稚園事情】ママたちが注目、ベトナムで急増中の世界的に有名な方式の幼稚園とは?


子どもには最高の教育を与えたいと
考えるのは、いつの時代も
変わらない親の姿だろう。


年々、所得水準が上がるベトナムでは、
子どもにかける教育費用も上昇傾向にある。
これに伴い、ここ数年でホーチミンに
インターナショナル幼稚園が次々と開園している。


各幼稚園とも特色を出すべくしのぎを削っているが、
その中でも注目されているイタリア発の
「レッジョエミリア方式」の幼稚園をご紹介していく。

■商品・プロモーションの概要

〇続々とインター系幼稚園が開園するホーチミン市

ベトナムでは2011年から2016年の間、
インターナショナルスクールが
84校から109校へと増加した。
しかし、これは高い伸び率ではない。


2012年に施行された第73条と呼ばれる
教育の法律により、外資系教育機関に
入学できるベトナム人家庭の子どもの数を
全体の10%に制限していたのが理由だ。


しかし、2018年8月に法律改正を実施。
制限枠を50%に引き上げた。
さらに、ベトナムでは2000年代から
公立校の詰め込み教育が問題視され、
たびたび、新聞討論にまで発展していたことも
見逃せない。


このような社会的事情もあり、子ども本来の
のびのびとした環境で過ごすことのできる
インターナショナル幼稚園を選ぶ家庭が増えてきた。


〇世界的に有名な教育法「レッジョエミリア方式」とは?

日本でも若干浸透しつつあるイタリア発の
「レッジョエミリア方式」教育。
ベトナムでも数年前までは
「モンテッソーリ」を謳う
幼稚園がほとんどだった。


レッジョエミリアとはイタリア北部にある都市で、
レッジョエミリア方式とは
この地域発祥の幼児教育法を指す。
1991年にニューズウィーク誌で
「世界で最も優れた10の学校」として掲載され、
世界から注目されるようになった。


レッジョエミリア方式の大きな特徴として、
「プロジェクト活動」「自由なアート活動」
「ドキュメンテーション」が挙げられる。


なかでも特徴的な「プロジェクト活動」とは長期間、
子どもたちが1つのテーマに沿って取り組む活動のことだ。


テーマは保育士から与えられることもあるが、
日常の子どもたちの興味、例えば
「卵って何?鳥ってどうして飛べるの?」
といったテーマから発展することもある。
プロジェクト活動を通して、
創造性や自主性、協調性を学ぶのが目的だ。


また園内には、「ピアッツア」という広場や
「アトリエ」いう空間があり、
子どもたちは自由に創造的な活動ができる。
さらに教室には、ライトテーブルや
プロジェクターも設置し効果的に活用している。


さらにユニークなのが「ドキュメンテーション」だ。
保育士と子どもの会話や活動の様子を
メモ、写真、動画などを通して記録し、
園内に貼り出している。


お迎えにきた保護者は、それらを見ることで、
子どもたちの一日の過ごし方や楽しむようすを
うかがい知ることができる。


参考URL:
https://thepienews.com/news/vietnam-local-enrolments-foreign-schools-to-grow-cap-removed/
https://english.vietnamnet.vn/fms/education/206944/new-regulation-adjusts-limit-on-foreign-investment-in-education.html


■支持されている背景・理由

〇バランスの良い教育と環境、ワーママも安心の子どもの記録

ベトナム人ママいわく、
実は「ドキュメンテーション」が
親子の会話に一役買っているという。
これにより、忙しいママたちも
わが子のようすを把握することができ、
会話がはずむようだ。


子どものアート活動をすぐに
見ることができるのも、この記録方法ならでは。
色使い豊かな子どもたちの作品はSNS映えする。
そんなところがSNSを駆使する
パパママ世代から評価を受けている。


さらに、レッジョエミリア方式では
「環境は第三の教育者」とし、
インターナショナルスクールといえども
ベトナムの風習を取り入れた行事や
プロジェクト活動も盛んだ。


子どもには、英語教育を施したいが、
ベトナムのこともしっかり学んでほしい。
レッジョエミリア方式は、そんな親心にぴったりはまる。

■ベトナム人ママの心をくすぐる3つのポイント

1.ベトナムにはなかった、世界的に有名な教育メソッド                     
レッジョエミリア方式が掲げる「創造性」を
大切にする、見守るという理念が、ベトナムの
詰めこみ教育に疑問を持つ保護者世代に評価されている。
また、ベトナムは、新しいもの好きの人が
多いという国民性もあり、モンテッソーリに続く
新たな教育メソッドとして、根付きつつある。                           


2.親子で共有できる「ドキュメンテーション」                          
ワーキングママの多いベトナム。
子どもと過ごす時間が少ない中、
「ドキュメンテーション」を活用することで、
わが子の学びを効率よく共有することができる。


3.ベトナムの文化や風習も学べるバランスの良さ                      
英語だけではなく、日々の活動を通して、
ベトナムの文化や風習を学ぶことができる。
こうしたバランスのよい環境が、
ベトナム人ママたちの注目を集めている。

────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルな最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界の暮らし・生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外在住者の心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。



●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE