GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • オーストラリア

海外トレンド

2019.05.31

暮らし Life

海外トレンド


vol.146:【オーストラリア育児事情】働くママもこれで安心!オウンドメディアで広まる職場設置の学童保育

【オーストラリア育児事情】働くママもこれで安心!オウンドメディアで広まる職場設置の学童保育


写真提供:KidsCo

オーストラリアにおける
公立校の長期休暇は年間約11週間だ。


その中でも、年度終了と同時にはじまる
真夏のクリスマスホリデーは約5週間あり、
どの子どもたちもクリスマスプレゼントと
ホリデーのダブルの楽しみを心待ちにしている。


一方、働くママたちにとって
この長期休暇は大きな悩みの種でもある。
11歳未満の子どもを一人で
放置することを認めていない同国では、
たとえ数時間であっても
自宅で留守番をさせることができない。


長期休暇前になると
ママたちは一斉にホリデーケアや
受け入れアクティビティーを探し始めるのが通常だ。


ここに焦点を当てたのが、
2人の教育関係者が立ち上げた
学童保育プログラムの開発&設置ビジネスの
「キッズコ(KidsCo)」だ。
オウンドメディアなどを通してマーケティングを行い、
メルボルンで始めたビジネスは州を超え、
ブリスベンまで規模を拡大している。


成長を続けるキッズコの
ビジネス内容やマーケティング手法をご紹介する。

■商品・プロモーションの概要

〇学校の長期休暇が引き起こす問題を解決

オーストラリアでは小学生になると学校内に
ホリデーケアが設置されてるところが多く、
外部でも、スポーツや学業系の
ホリデープログラムが数多く開催されている。


ところが、幼稚園に通う未就学児を対象とする
ホリデープログラムは数少ない。
市が主催する臨時の学童保育もあるが、
期間や時間が短い上に、
受け入れ定員数が少ないなど問題が多い。


このような理由から、子どもが小さい間は
親が順番に有給休暇を取得したり、
親せきに預けたりしてしのぐ傾向にある。
この問題にフォーカスしたのが「キッズコ」だ。


預け入れ先は通常、自宅から通うのが前提であり、
仕事の前後に送迎の必要がある。
遠方の場合は、さらに時間もかかる。
ところがキッズコは職場に導入する
学童保育プログラムなので、送迎の必要がない。


保育料は会社が全額持つ場合もあれば、
各家庭に請求する場合など、さまざまだ。


職場との話し合いにより学童保育に適した場所を
指定し、そこに必要な設備を設置する。
実際に学童保育を指導するのは
教師の資格を持ったメンバーで安心だ。


〇ビデオやオーディオクリップで目や耳に訴えるオウンドメディア

キッズコはメルボルンでビジネスを開始し、
現在ではブリスベンまで広がっている。

このように伸びているのは、
2017年に開かれた「スタートアップコンテスト」で
1位になったことが大きな成功の要因の一つだが、
加えてオウンドメディアの充実度が
成長を後押ししている。

オウンドメディアである公式サイトでは、
ビジネスを立ち上げた背景や
プログラム内容の紹介はもちろんのこと、
これまで取り上げられたテレビや
ラジオなどによる取材内容を
ビデオやオーディオクリップとして載せている。

文章で説明するより目や耳に訴える
マーケティング手法が功を奏している。

参考URL
http://kidsco.com.au/
https://www.rivercitylabs.net/kidsco/
https://www.domain.com.au/domain-review/startup-stars-winners-kidsco-australia-adrian-rokman-laynton-allan-449961/


写真提供:KidsCo

■支持されている背景・理由

〇働くママにも子供もそして職場にも喜ばれるプログラム

学童保育が職場内で開かれているため、
送迎が楽で、何かあった時も連絡が取りやすいなど
メリットが大きく好評だ。

プログラムの内容も、
「スポーツ&フィットネス」「アート&クラフト」
「実験&発見」「音楽&ダンス」の4つの分野があり、
バラエティーに富んだ内容を提供している。

充実したプログラムのおかげで、
子供たちは長い休みでも退屈せず
有意義に過ごすことができると評価されている。

さらには、職場の経営者にとっても、
従業員の休みが集中することが無くなるなど
メリットは大きい。

■働くオージーママに人気の3つのポイント

1.定期的な保育場所の確保で気持ちに余裕
会社の協力のもと、職場内にキッズコの
保育プログラムを導入することが可能となり
長期休暇前に悩む必要がなくなった。


2.送迎が不要で時短に

通常の保育場所の場合、送迎に時間がかかり
通勤時間も大幅に長くなるが、
キッズコのプログラムでは、職場が保育場所でも
あるので時間効率がよくなり、忙しいママには
嬉しいシステムだ。


3.子どももうれしい充実したプログラム
職場内に設置する保育プログラムにも関わらず、
プログラム数の多さが売りで、
長期で参加する子どもたちも飽きることがない。


写真提供:KidsCo

────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルな最新生活情報はいかがでしたか?


グローバルママ研究所では、限定情報満載で、
世界の暮らし・生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外在住者の心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルママ研究所で見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■GMRI各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルママ研究所では、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。



●グローバルママ研究所への法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

●GMRIへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE