GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • 香港

海外プロモーション

2019.11.29

暮らし Life

海外プロモーション


vol.155:ペットボトルをなくせ!香港のプラスチックごみ削減のための『Water for Free』キャンペーン

ペットボトルをなくせ!香港のプラスチックごみ削減のための『Water for Free』キャンペーン


熱湯が出る給水所を知らせる案内板

○環境問題に関心がない人も貢献できる街中のオアシス

先日のG20大阪サミットの主要議題の
ひとつでもあった「プラスチックごみ問題」。
国連の「持続可能な開発サミット(SDGs)」では、
2030年までに達成すべき目標が採択されるなど、
以前から話題になっている。


NPO 団体「Water For Free」によると、
香港で1日に捨てられる空ペットボトル数は
約700万本を突破。
人口約750万人の同国では、国民一人当たり
毎日1本のペットボトルを廃棄している計算になる。


そんな香港で行われている
プラスチックごみ問題に対する取り組みをご紹介する。

○環境汚染を広く知ってもらうため始まった飲料水無料のキャンペーン

鼻にストローが刺さったウミガメや、
胃から80枚程のプラスチック袋が見つかったクジラの映像が
SNSで拡散されたことがきっかけで、
プラスチックごみ問題が香港人にも
深刻な問題として認識されるようになった。


香港には、プラスチックごみ問題による
環境汚染を広く知ってもらうためのキャンペーンがある。


それが2013年に開始された「撲水 (Water for Free)」である。
香港内1,500か所以上で飲料水を無料で提供することにより、
ペットボトルの消費習慣を減らすのが目的だ。


冷房はガンガン、ごみの仕分けなし、食べ残しも多く、
とても環境問題に高い関心があるとは思えない香港人。


リサイクル事情も日本よりかなり遅れている。
それでは最初からプラスチックごみを出さないようにすればよいと
始まったのが 「撲水」キャンペーンなのである。
無料で受けられるサービスだけに、
誰もが自然に環境に貢献できる仕組みになっている。


○関心がない人でも、環境問題に向き合える機会を!

もともと中医学の考え方が浸透している香港。
小さい頃から水をたくさん飲むよう
口酸っぱく言われているからか、
マイボトルを持ち歩いている人も多く、
このキャンペーンの浸透度は高い。


冷水を好まない香港人のために
常温と熱湯が出るようにしてあるのも、
利用者を増やすのに一役買っている。


2019年9月に日本初の無料給水アプリ「MyMizu」が
公開され話題になったが、
「撲水」は2014年にはアプリを開始。
香港内1500か所以上の給水器の場所、
水タイプ (冷、熱、常温) が地図上でひとめで分かる。


世界中から旅行客が訪れる香港らしく、
イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、ポルトガル語等
にも対応している。


最近はスタイリッシュな給水器も増え、
若い世代へのアプローチも進む。
清潔で無料、水筒を持ち歩かずに済むと、
環境問題の関心に関わらず、良いことだらけなのだ。

○ナチュラルさがトレンドに!ESG投資にも追い風が吹く

今、香港ではゼロウエスト(ごみを出さない)、
プラスチックフリーなどのナチュラルさが、
若い世代のトレンドになりつつある。


食品や日用品を量り売りで買えるお店が増え、
客は買った商品を入れる容器を持参し、持ち帰る。


トレンドを意識するミレニアム世代は、
そのような活動を意識的にしている自分たちをSNSにあげ、
セルフブランディングや自分磨きに夢中だ。


「撲水」キャンペーンに賛同する飲食店には
ステッカーが貼ってある。


繁華街の銅鑼灣にあるカフェ「Cafe Corridor」では、
おしゃれな給水器を設置している。
カフェ内でペットボトルの水を販売することもできるが、
「撲水」に賛同し、無料で水を提供。
CSR (企業の社会的責任) 活動の取り組みにもなっている。


また、香港では2016年から全ての上場企業の
ESG情報公表が義務づけられている。
環境(Environment)、社会 (Social) 、
企業統治(Governance) を重視して投資(ESG投資)を
行う企業は、持続的成長や中長期的収益が期待でき、
財務指標からは見えにくいリスクを排除できると言われている。


【参考URL】
Water For Free
https://waterforfree.org/en/


Cafe Corridor のお洒落な給水所


○まとめ

1. 環境問題の意識改革で始まった飲料水無料のキャンペーン
無料なので誰もが気軽に参加しやすい。
中国から水を輸入している香港では、
環境問題以外にも外交問題からも危機感があるが、
水に対する意識を高めるのに役立っている。


2. 関心がない人でも、環境問題に向き合える機会を!
香港人の習慣に沿った無理のないキャンペーンで、
認知度・浸透度が高い。アプリも開始し、
若い世代へのアプローチも進む。


3. ナチュラルさがトレンドに!ESG投資にも追い風が吹
トレンドを意識するミレニアム世代や、
企業の CSR活動、ESG投資の取り組みにもなっている。


────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルな最新生活情報はいかがでしたか?

グローバルステージラボでは、限定情報満載で、
世界の暮らし・生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外在住者の心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルステージラボで見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■グローバルステージラボ各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルステージラボでは、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。


 ●グローバルステージラボへの法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
  ※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

 ●グローバルステージラボへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
  ※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE