GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • アメリカ

海外トレンド

2020.05.15

暮らし Life

海外トレンド


vol.165:急速に変わる米国の今!新型コロナウイルスで変わる学び方と働き方

急速に変わる米国の今!新型コロナウイルスで変わる学び方と働き方


◯アメリカから学ぶ、成功する在宅活動への早期移行

米国では、新型コロナウイルスの感染者が145万人を超え、
感染者数、死亡者数ともに世界のワースト記録を
日々更新している。(5月15日現在)


各州で外出禁止令が出され、
在宅勤務や自宅学習など働き方や教育が
大きな変革を見せている。
多国籍国家のアメリカでは、
家庭学習においても各家庭によって
柔軟な対応が求められる。
また働き方においても
企業によって対応はさまざまだ。


今後もコロナウイルスのさらなる
感染拡大が予想されるが、非常時における
アメリカのスピード感ある
柔軟な対応力について紹介していく。

◯在宅での学び方改革

筆者が住むアメリカのフロリダ州では、
3月16日から春休みを早めるという形で
学校閉鎖に踏み切り、いまだに
小中高の学校が閉鎖されている。


閉鎖期間中は、各学校が指定する
学習管理アプリで在宅学習を行う。
筆者の住む地域で指定されているアプリ
「Schoology」は、米国内で 6万校以上が使用。
個人アカウントでログインし、
いつでも学習することができる。
普段から学校・教師から親への連絡、
宿題や課題提出のツールとして利用されていることから、
使用において問題は出ていないようだ。


通常の開校時間内であれば、
課題に対する質問もリアルタイムで
教師から返信が受けられる。
学習の進度や課題提出は成績に反映され、
3日以上ログイン記録がなければ
教師から連絡が来る。
さらに、担任教師に加え、
ESE(スペイン語話者)サポートや
ESOL(他言語話者向け英語)サポートを
受けることもできる。


フロリダはヒスパニック系移民が多く、
保護者が英語を全く理解できない
家庭もあることから、このような心強い対応もある。
家庭環境によって学習進度の差が
広がらないようにという配慮は、
多国籍国家アメリカならではだろう。


◯国籍や貧富の差が学習の差を生まないよう配慮

貧富の差が大きいアメリカでは、
各家庭によって学習用の端末がない、
もしくは兄弟姉妹で共有しなくては
いけないという場合がある。
こういった場合、PCやその他の電子機器の
貸し出しを学校に申請をすることができる。


学校が閉鎖になる直前の3月末、
学校ではPC貸し出しの申請所が設けられた。
さらにはドライブスルー方式で
書類を提出するだけで申請、
即座にPCを受け取れるようにした。


学習端末の貸し出しだけでなく、
教会が無料のWifiホットスポット
(感染を防ぐために敷地の屋外使用のみ)を提供。
また、ホットスポットと学習用端末を搭載した
スクールバスがスケジュールに沿って各地域を巡回し、
自宅にネットワーク環境のない家庭でも
学習に差が出ないようにしている。


◯働き方の変化

多くの企業では、Zoomなどの
コミュニケーションアプリやクラウドサービスを使い、
従業員が在宅勤務できる環境を即座に整えた。
実際にZoomのアクティブユーザー数は
前年3月と比較し、378%増となった。


外出禁止令が出た今、いつも通り外へ
働きに出かけるのは、生活に必要な
食料品店やガソリンスタンド、
警察、消防、医療従事者など
公的サービスで働く人々のみである。


筆者は警察署の内勤で、
いつも通りの出勤に変わりはないが、
勤務時間が大きく変わった。
以前は、月~金の8~17時の
8時間勤務であったのに対し、
現在は1日12時間勤務で
2週間で7日間のみ出勤の変則勤務となった。
これは、部署内を2つのチームに分け、
2交代制で感染拡大を防ぐためある。
万が一、一つのチームでコロナウイルスの感染が
確認されてももう一つのチームが機能して
業務に支障がないようにという狙いがある。


これまで一般開放されていた署内のロビーは
閉鎖され、街を巡回する警察官たちにも
人との接触は最低限にするようにとの指示が出た。
逮捕でなく、なるべく警告に留め、
刑務所での感染防止に努めるという異例の状況だ。


【参考URL】
https://www.manateeschools.net/eLearning
https://www.marketwatch.com/story/zoom-microsoft-cloud-usage-are-rocketing-during-coronavirus-pandemic-new-data-show-2020-03-30?mod=article_inline
https://www.schoology.com/



◯まとめ

新型コロナウイルスパンデミックの影響で、
学校が閉鎖となり、子どもたちは
在宅での学習を余儀なくされている。
しかしながら、教育が各家庭の親任せにならぬよう、
学校側の柔軟で細やかな対応が見て取れる。


また各企業では、在宅勤務や出勤時間の変更、
部署内のチーム分散など、
さまざまな働き方を模索している。
アメリカでは、たとえ公的機関であっても
政府の指示を待つのではなく、
制度や働き方改革が組織独自の判断で
スピード感を持って行われている。


このようなフットワークの軽さが
新型コロナ感染拡大の予防につながると期待する。
今後一日も早く収束に向かうよう願うばかりだ。


────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルな最新生活情報はいかがでしたか?

グローバルステージラボでは、限定情報満載で、
世界の暮らし・生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外在住者の心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルステージラボで見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■グローバルステージラボ各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルステージラボでは、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。


 ●グローバルステージラボへの法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
  ※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

 ●グローバルステージラボへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
  ※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE