GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • スウェーデン

海外トレンド

2020.06.12

暮らし Life

海外トレンド


vol.167:パンデミックでも変わらぬ日常を選択した国、スウェーデンのリアルとは

パンデミックでも変わらぬ日常を選択した国、スウェーデンのリアルとは


◯ コロナ禍でも都市封鎖や学校閉鎖なし?!

ヨーロッパでは、3月半ばから
新型コロナウイルスの感染が爆発的に広がった。


死者が増え始めてからは、
EU内で各国が次々と国境を封鎖。
続いて学校閉鎖や厳重な都市封鎖をおこなった。


一方、スウェーデンでは都市封鎖はせず、
制約を設けるのみにとどめた。
スーパーはもちろんのこと、
ショッピングモールや飲食店も開き、外食も可能だ。
学校閉鎖もおこなわず、
子どもたちは6月の夏休みまで
通常通り学校に通っている。


日常生活に大きな変化や混乱を生まず、
落ち着いた社会生活の維持を好むスウェーデン。
ポジティブに未来を見つめることができるのは、
独自の考え方や制度にあるのかもしれない。


◯政治家ではなく専門家によるリーダーシップ

各国の指導者である首相や大統領たちが
「国民を守る」と声高に宣言する様子が
連日ニュースで流れている。
ところが、スウェーデンの
新型コロナウイルス定例記者会見では、
政治家ではなく公衆衛生庁の疫学専門家が政策を発表する。
首相は側に立ち、政策を指示する立場に過ぎない。


感情に訴える声明よりも、
統計や解析をもとにした専門家による
現実的な意見にスウェーデン人は
安心と信頼をおいている。
政策への批判や疑問は多少聞こえてくるものの、
大きな不満もなく国民は政府のガイドラインに従っている。


しかしながら封鎖や厳重な禁止措置を
とらないスウェーデンでは、
新型コロナウイルスによる死亡者数が
5月25日現在で4千人を超えた。
近隣北欧諸国内では圧倒的に高く、
ヨーロッパ内でも人口比で見ると極めて高い。


この結果に対しても、 政府は死亡者の半数が
高齢者施設を中心とした感染だったと説明。
通常でもこの時期はインフルエンザ感染による
高齢者の死亡者数が同程度あるという統計を出したことで、
大きなパニックにはつながらなかった。
常にデータによる解説を更新することで、
国民の信頼と支持を得ているのだ。
このような政策の結果としてスウェーデンは国民が
「集団免疫」を獲得することを目的としている。


◯小中学校は閉鎖しない方が安全で合理的

多くの国では学校を閉鎖し、子どもたちが
自宅学習を強いられているが、
スウェーデンは義務教育である
小中学校を閉鎖しないことに決めた。


高校以上の学校や大学等は、
生徒たちが自主的に自宅でも学習できるという理由で
閉鎖になったが、小中学生では自主学習は難しい。
子どもが家にいる場合、大人の監視が必要になり、
保護者の仕事にも支障がでるなど双方の負担が大きい。
また子どもたちの間では感染は広がっておらず
重症化も稀であることから、
教育および疫学の専門家らが
「学校にいる方が安全である」という見解を示し、
閉鎖は免れた。


その代わりに通学のガイドラインを厳しくし、
発熱や咳など少しでも風邪に似た症状がある場合は
欠席する必要がある。
まったく症状が出なくなってから
その2日後に登校を許可される。


当初は、特に移民や外国人が多い学校で
保護者が子どもを通学させることに不安や抵抗を示し、
生徒の半数以上が欠席となる学校も続出した。
しかし、1か月経過しても学校から集団感染がでることが
なかったことから、子どもたちは学校に戻ってきた。


◯来年に会おう!

通常どおりの日常は維持されているとはいえ、
コンサートや劇場など、
大人数が密で集まる場所や催しは禁止されている。


これから夏に向けて北欧では、
恒例の音楽フェスティバル等が目白押しである。
1年前から企画準備され、本番に望む直前だったが、
多くは断念、中止を発表とした。
その決断はファンからも温かく支持されている。


開催者は既に来年に向け計画を進めており、
購入済みチケットを次回に
使用できるようシステムの変更を模索するなど前向きだ。


スウェーデンは慣例に従うよりも、
より実用的で新しいものへと
変わることや改革することを躊躇しない。


例えば、ほんの数年のうちに
公式な手続きなど全てデジタル化され、
自宅で手続きできるようになり、
多くの役所は閉鎖された。


何年か前まで当たり前にあったものが消え、
新しいものが現れると、
すぐまた次のシステムに移行する。
スウェーデンにおいて国が管理する
マイナンバーの歴史は古いが、
導入時もスムーズだったようだ。


コロナ禍における変化にも悲壮感はなく、
既にコロナ後の将来を見据えている。


【参考URL】
https://www.folkhalsomyndigheten.se/
https://www.svt.se/



普段通りの生活をするスウェーデンの人達

◯まとめ

コロナ禍でも都市封鎖や学校閉鎖の措置を取らないことで、
世界でも独自の路線をつらぬくスウェーデン。


連日大統領や首相が新型コロナウイルス対策の
記者会見を開く中、スウェーデンでは
政府の専門家が専門知識による指示を出すことで、
大きな混乱や変化なく日常生活を送っている。
子どもを守ることにおいても、
学校閉鎖ではなく開き続けるという選択をしたが、
新たな問題も感染も発生していない。


常に次にどうつなげていくかという未来志向、
ポジティブで現実的な政策が国民の支持を得ているのだ。


────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルな最新生活情報はいかがでしたか?

グローバルステージラボでは、限定情報満載で、
世界の暮らし・生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外在住者の心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルステージラボで見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■グローバルステージラボ各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルステージラボでは、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。


 ●グローバルステージラボへの法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
  ※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

 ●グローバルステージラボへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
  ※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE