GMRI
Produced by Global Stage Inc.
海外在住女性を活用した企業向けマーケティングサービス Marketing service for companies cooperating with women living abroad

  • イギリス

海外トレンド

2020.09.18

暮らし Life

海外トレンド


vol.171: ニューノーマルで進む、ウィズコロナ時代の英国モビリティ革命

ニューノーマルで進む、ウィズコロナ時代の英国モビリティ革命


◯安全な環境を守るインフラは誕生するのか?

新型コロナウイルス感染拡大による
約3か月間のロックダウンを経て、
英国市民の移動手段に変化が生まれている。


オフィス通勤が再開されたものの、
公共交通機関の利用者は激減。
通勤者はウイルス感染防止にむけ、
どのような安全対策を講じているのだろうか。
コロナ流行後、大きな変革を遂げつつある
英国の交通事情をお伝えしていく。


◯ロンドンの交通が変わった

英運輸省によると、ロンドン市内のバスや鉄道、
地下鉄といった交通機関全体の利用者数が、
2020年2月上旬から4月上旬の間で約60%減少した。
8月現在、バスは2階建てのダブルデッカーで30人、
一階建てで11人までと乗客数を制限し
三密状態を防いでいる。


リモートワークを奨励している企業はいまだ多く、
7月時点での通勤者はコロナ流行以前の半数程度だ。


自家用車による外出は元の状態に戻りつつあるが、
都心部は現在もかなり人出が少ない。
9月に新学期を迎える英国ではこの時期、
通勤通学を再開する人々が一気に増える見込みだが、
公共交通機関の利用に不安を覚える人はまだ多い。


英国民はどのような対策でウィズコロナ時代を
迎えようとしているのだろうか。


◯一石三鳥を狙う自転車奨励策

ボリス・ジョンソン首相は自身が
新型コロナウイルスに感染し
集中治療室に運ばれた経験から、
肥満が症状悪化の一因であると分析。
今夏1000万ポンド(約14億円)の
大規模な肥満防止計画を発表した。


肥満問題を解消することは
新型ウイルス感染の重症化を防ぐだけでなく、
さまざまな成人病予防にもつながる。
資金不足が叫ばれる国民保健サービス(NHS)への
負担軽減にもなるのだ。


このプランにおいて政府は
国民に肥満解消の手段の一つとして
自転車利用を奨励。
壊れた自転車を修理するための補助金を交付や、
サイクリング専用道路を拡大していく。


ヘルスケア問題を軽減し、
都心部の大気汚染の進行を食い止め、
ウイルス感染拡大防止を目指すという
一石三鳥のプランだ。


ジョンソン首相はロンドン市長時代にも
「ボリス・バイク」のニックネームで知られる
レンタサイクル制度を導入するなど、
自転車好きで知られている。
公立の小学校でも自転車利用奨励のため、
行政による児童向けの自転車ワークショップや
自転車の無料整備サービスが行われてきた。


コロナウイルス感染の拡大後、
新しい交通手段として英国での
自転車売上げは伸びており、
7月の時点で売上ベースは57%増。
自転車通勤することで自転車や
関連アイテム購入の割引が受けられる
「Bike 2 Work」スキームの利用者も増加中だ。



◯小回りのきくEスクーターがいよいよ合法に

また自転車よりコンパクトな電動アシスト機能付きの
キックスクーター「eスクーター」の利用も急増している。


英国では法律上公道を走ることができなかったが、
便利な移動手段として購入する人が増えたため、
ロックダウン中に街を走るeスクーターは日常の風景に。
運輸省は7月に入りようやく
eスクーターの路上使用を許可するに至った。
しかしスピード制限やヘルメットの着用、
歩道での利用といった実際のルールは
まだ定まっていないのが現況で、安全面で不安が残る。


合法化にともない地方自治体は今後、
都市部においてレンタル電動スクーター事業を
開始することが予定されている。
試験運用は12カ月間続けられ、
その間に電動スクーターの安全性や有効性が評価される。


【参考URL】
イギリスのロックダウンで変わった6つのこと
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52350505

肥満問題への取り組み
https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-53546151

自転車売上げ増
https://www.bbc.co.uk/news/business-53319333

Eスクーター
https://www.bbc.co.uk/news/uk-48106617



◯まとめ

企業や学校だけでなく、個人も生活の様々な
シーンで変革を迫られている未曾有の時代。


変化や不確実性を受け入れ一歩を踏み出すことで、
多少の混乱は見られてもそれをチャンスに
飛躍的な進化を遂げることも不可能ではない。
「大気汚染が深刻なインドで数十年ぶりにヒマラヤが見えた」など、
コロナ禍がきっかけに見直される問題も多い。


テクノロジーや経済活動も含め、
これからの進むべき道を示す施策に期待したい。


────────────────────────────────────

内容のさらなるブラッシュアップのため、多くの方の感想もお待ちしています(^_^)
テーマリクエスト(○○国の○○を知りたいなど)も受け付けております。

※ご感想・ご意見・リクエストはこちらまで

 ⇒ info@gl-stage.com


────────────────────────────────────

海外から届いた、超リアルな最新生活情報はいかがでしたか?

グローバルステージラボでは、限定情報満載で、
世界の暮らし・生活実態レポートをリアルタイム配信しています。

海外在住者の心をつかむ商品やサービスとは?
そのマーケティング手法から学べることとは?

グローバルステージラボで見つけてみませんか。

なお、各種お問い合わせ/ご登録の方法は以下をご覧ください。

────────────────────────────────────
■グローバルステージラボ各種お問い合わせ窓口のご案内
────────────────────────────────────

グローバルステージラボでは、各種お問い合わせ窓口をご用意しております。
法人と個人でそれぞれで窓口が異なりますので、ご留意ください。


 ●グローバルステージラボへの法人様からのお問い合わせ(調査・プロモーション・記事制作等)
http://gm-ri.com/contact
  ※右側の青いバナーよりお問い合わせください。

 ●グローバルステージラボへのプレスリリース投稿窓口
http://gm-ri.com/contact
  ※新商品、新サービス開始等のプレスリリースはこちらへ。


  • facebook
  • twitter
  • LINE